Japan Umeshu Competition 2023

Japan Umeshu Competition 2023

【速報】2023年11月15日発表!

<「全国梅酒品評会2023」金銀銅賞速報>(都道府県順) 2023.11.15

【ホワイトリカー梅酒】部門

金賞  大分県  株式会社 おおやま夢工房    「梅花爛漫プレミアム」 (殿堂入り)

銀賞  和歌山県 中田食品 株式会社       「紀州産完熟南高梅酒 原酒」

    大分県  八鹿酒造 株式会社       「酒蔵で造った梅酒」

    大分県  株式会社 おおやま夢工房    「樽仕込高級梅酒 ゆめひびき」

銅賞  和歌山県 株式会社 マルリョウナガオカ  「梅干屋のおすそわけ梅酒」

    大分県  株式会社 おおやま夢工房    「熟成梅酒 ゆめひびき」

【本格焼酎梅酒】部門

金賞  兵庫県  白鷹 株式会社        「白鷹 梅酒 (焼酎)」

銀賞  長野県  千曲錦酒造 株式会社     「千曲錦 極上原酒 UMESHU」

    新潟県  八海醸造 株式会社      「八海山の焼酎で仕込んだうめ酒」

    大分県  株式会社 久家本店      「いやんばい梅酒」

銅賞  長野県  千曲錦酒造 株式会社     「千曲錦 UMESHU」

    福岡県  株式会社 紅乙女酒造     「紅乙女梅酒」

【日本酒梅酒】部門

金賞  広島県  賀茂鶴酒造 株式会社     「賀茂鶴 純米吟醸古酒仕込 梅酒」

銀賞  山形県  出羽桜酒造 株式会社     「出羽桜 本格梅酒 純米吟醸酒仕込み」

    山形県  出羽桜酒造 株式会社     「出羽桜 本格梅酒 はなやぐ完熟」

    福島県  千駒酒造 株式会社      「千駒 日本酒でつくった梅酒」

    東京都  東京玉川屋         「東京梅酒」

    東京都  株式会社 耕         「想定内 梅酒 2021」

    愛知県  東春酒造 株式会社      「東龍 梅酒」

    熊本県  通潤酒造 株式会社      「山の都に咲く梅酒」

銅賞  東京都  株式会社 耕         「想定内 梅酒 2017 風穴熟成」

    新潟県  株式会社 よしかわ杜氏の郷  「よしかわ杜氏 純米梅酒」

    愛知県  澤田酒造 株式会社      「UMESHU T ~つなぐ~」

    兵庫県  沢の鶴 株式会社       「沢の鶴 古酒仕込み梅酒」

    兵庫県  鳳鳴酒造 株式会社      「鳳鳴梅酒 日本酒仕込み」

    佐賀県  宗政酒造 株式会社      「宗政 大吟醸仕込梅酒『煌珠』」

【ベース混合梅酒】部門

金賞  石川県  数馬酒造 株式会社         「竹葉 能登の梅酒」

銀賞  福島県  千駒酒造 株式会社         「千駒 プレミアムうめ酒」

    岐阜県  株式会社 平田酒造場        「梅ごよみ」

    福岡県  寒北斗酒造 株式会社        「ヴァリスイート再仕込み 貴醸梅酒」

銅賞  新潟県  玉川酒造 株式会社         「越後武士 梅酒」

    大阪府  株式会社 ジェムインダストリーズ  「雲をつかむような梅酒 ~空にかける青梅~」

【ブランデーブレンド梅酒】部門

金賞  和歌山県 株式会社 勝僖梅        「本格梅酒 勝僖梅 SHOKIBAI」

銀賞  茨城県  明利酒類 株式会社       「百年梅酒 プレミアムエディション」

    東京都  合同酒精 株式会社       「本格梅酒 鴬宿梅 極上」

    宮崎県  雲海酒造 株式会社       「月知梅 すっきりタイプ」

【柑橘系ブレンド梅酒】部門

金賞  大分県  老松酒造 株式会社       「天空の月 ゆず梅酒」

銀賞  宮城県  株式会社 中勇酒造店      「蔵人仕込みの伊達なゆず梅酒」

    大分県  株式会社 久家本店       「かぼすと梅酒のものがたり」

    大分県  老松酒造 株式会社       「天空の月 かぼす梅酒」

【ブレンド梅酒】部門

金賞  佐賀県  天吹酒造 合資会社       「天吹梅酒 龍王 大吟醸仕込」

銀賞  佐賀県  天吹酒造 合資会社       「tete アロマティクス ジャパンボタニカルズ」

    大分県  株式会社 おおやま夢工房    「CREHA ROYAL アールグレイエモーショナル」

銅賞  埼玉県  有限会社 キングショップ誠屋  「鶴ヶ島の雨乞い梅酒Ⅱ」

    福岡県  寒北斗酒造 株式会社      「和紅茶梅酒 ホルン ブチャラティ」

【にごり梅酒】部門

金賞  和歌山県 平和酒造 株式会社       「鶴梅 完熟にごり」 (殿堂入り)

銀賞  新潟県  八海醸造 株式会社       「八海山の焼酎で仕込んだ梅酒 にごり」

    大分県  老松酒造 株式会社       「梅酒王」

銅賞  兵庫県  株式会社 西山酒造場      「梅申春秋」

    鹿児島県 山元酒造 株式会社       「にごり梅酒 梅太夫」


<「全国梅酒品評会2023」入賞梅酒詳細一覧>

【速報】2023年10月22日発表!

2023年10月21日、東京都内にて全国梅酒品評会2023を行いました。品評会で見事選ばれました「入賞」梅酒を発表を致します。

<「全国梅酒品評会2023」入賞梅酒速報>(都道府県順) 2023.10.22

【ホワイトリカー梅酒】部門

 和歌山県 株式会社 マルリョウナガオカ   「梅干屋のおすそわけ梅酒」

 和歌山県 中田食品 株式会社        「紀州産完熟南高梅酒 原酒」

 大分県  株式会社 おおやま夢工房     「樽仕込高級梅酒 ゆめひびき」

 大分県  株式会社 おおやま夢工房     「熟成梅酒 ゆめひびき」

 大分県  株式会社 おおやま夢工房     「梅花爛漫プレミアム」

 大分県  八鹿酒造 株式会社        「酒蔵で造った梅酒」

【本格焼酎梅酒】部門

 長野県  千曲錦酒造 株式会社      「千曲錦 極上原酒 UMESHU」

 長野県  千曲錦酒造 株式会社      「千曲錦 UMESHU」

 新潟県  八海醸造 株式会社       「八海山の焼酎で仕込んだうめ酒」

 兵庫県  白鷹 株式会社         「白鷹 梅酒 (焼酎)」

 福岡県  株式会社 紅乙女酒造      「紅乙女梅酒」

 大分県  株式会社 久家本店       「いやんばい梅酒」

【日本酒梅酒】部門

 山形県  出羽桜酒造 株式会社      「出羽桜 本格梅酒 純米吟醸酒仕込み」

 山形県  出羽桜酒造 株式会社      「出羽桜 本格梅酒 はなやぐ完熟」

 福島県  千駒酒造 株式会社       「千駒 日本酒でつくった梅酒」

 東京都  東京玉川屋           「東京梅酒」

 東京都  株式会社 耕          「想定内 梅酒 2017 風穴熟成」

 東京都  株式会社 耕          「想定内 梅酒 2021」

 新潟県  株式会社 よしかわ杜氏の郷   「よしかわ杜氏 純米梅酒」

 愛知県  澤田酒造 株式会社       「UMESHU T ~つなぐ~」

 愛知県  東春酒造 株式会社       「東龍 梅酒」

 兵庫県  沢の鶴 株式会社        「沢の鶴 古酒仕込み梅酒」

 兵庫県  鳳鳴酒造 株式会社       「鳳鳴梅酒 日本酒仕込み」

 広島県  賀茂鶴酒造 株式会社      「賀茂鶴 純米吟醸古酒仕込 梅酒」

 佐賀県  宗政酒造 株式会社       「宗政 大吟醸仕込梅酒『煌珠』」

 熊本県  通潤酒造 株式会社       「山の都に咲く梅酒」

【ベース混合梅酒】部門

 福島県  千駒酒造 株式会社       「千駒 プレミアムうめ酒」

 新潟県  玉川酒造 株式会社       「越後武士 梅酒」

 石川県  数馬酒造 株式会社       「竹葉 能登の梅酒」

 岐阜県  株式会社 平田酒造場      「梅ごよみ」

 大阪府  株式会社 ジェムインダストリーズ  「雲をつかむような梅酒 ~空にかける青梅~」

 福岡県  寒北斗酒造 株式会社      「ヴァリスイート再仕込み 貴醸梅酒」

【ブランデーブレンド梅酒】部門

 茨城県  明利酒類 株式会社       「百年梅酒 プレミアムエディション」

 東京都  合同酒精 株式会社       「本格梅酒 鴬宿梅 極上」

 和歌山県 株式会社 勝僖梅        「本格梅酒 勝僖梅 SHOKIBAI」

 宮崎県  雲海酒造 株式会社       「月知梅 すっきりタイプ」

【柑橘系ブレンド梅酒】部門

 宮城県  株式会社 中勇酒造店      「蔵人仕込みの伊達なゆず梅酒」

 大分県  株式会社 久家本店       「かぼすと梅酒のものがたり」

 大分県  老松酒造 株式会社       「天空の月 ゆず梅酒」

 大分県  老松酒造 株式会社       「天空の月 かぼす梅酒」

【ブレンド梅酒】部門

 埼玉県  有限会社 キングショップ誠屋  「鶴ヶ島の雨乞い梅酒Ⅱ」

 福岡県  寒北斗酒造 株式会社      「和紅茶梅酒 ホルン ブチャラティ」

 佐賀県  天吹酒造 合資会社       「天吹梅酒 龍王 大吟醸仕込」

 佐賀県  天吹酒造 合資会社       「tete アロマティクス ジャパンボタニカルズ」

 大分県  株式会社 おおやま夢工房    「CREHA ROYAL アールグレイエモーショナル」

【にごり梅酒】部門

 新潟県  八海醸造 株式会社       「八海山の焼酎で仕込んだ梅酒 にごり」

 和歌山県 平和酒造 株式会社       「鶴梅 完熟にごり」

 兵庫県  株式会社 西山酒造場      「梅申春秋」

 大分県  老松酒造 株式会社       「梅酒王」

 鹿児島県 山元酒造 株式会社       「にごり梅酒 梅太夫」

<今後の日程>
■2023年11月15日(水) 「入賞」した梅酒の中から梅酒8カテゴリーごとに金・銀・銅賞を発表、及び表彰式 

◆審査の様子◆

2023.10.21

◆審査員紹介◆
【審査委員長】敬称略

明星 智洋 一般社団法人梅酒研究会代表理事

【審査員】※順不同、敬称略

阿部 誠:日本ソムリエ協会常任理事

林 茂:SOLOITALIA代表取締役、イタリアンプロフェッショナルソムリエ

渡辺 ひと美:SSI顧問

あおい 有紀:酒サムライ、フリーアナウンサー

藤森 真:ワインスクール・シャルパンテ・カレッジ学長、シニアソムリエ、唎酒師

日下部 耐史:国際唎酒師、酒蔵プレス代表

入江 瑛起:麺劇場玄瑛オーナーシェフ

森田 隼人:クロッサムモリタオーナーシェフ

村上 宗郎:株式会社日山代表取締役社長

中山 洋平:エクラデジュールパティスリーオーナーシェフ

小宮山 利恵子:唎酒師、一般社団法人食文化実践研究所代表理事

高岡 麻彩:株式会社日本酒にしよう CEO

Nao:作詞作曲家、音楽プロデューサー

山本 将守:株式会社マグネティックフィールド代表取締役、名誉唎酒師

島田 律子:日本酒スタイリスト、唎酒師、SSI理事


全国梅酒品評会2023出品要項について

全国梅酒品評会2023出品要項資料

審査日:2023年10月21日(土)
会 場:東京都文京区湯島3-29-5 湯島天満宮 梅香殿 
主 催:一般社団法人梅酒研究会

ご挨拶

皆様、大変お世話になっております。
平素は一般社団法人梅酒研究会の活動にご協力をいただき、誠にありがとうございます。
梅酒単体で評価される専門的な品評会がないという状況に端を発し、弊会が「全国梅酒品評会」を立ち上げてから、早八年の歳月が流れました。この間、特に2020年以降の数年間は、新型コロナウイルス感染症の影響や様々な情勢の中で、酒類を取り巻く環境や人々の行動様式は様変わりし、梅酒の発展においては、足踏みをしてしまう時期も過ごしてまいりました。
しかしながら、その苦しい期間においても、全国の梅酒製造者様による弛まぬ努力は積み重ねられ、素晴らしい品質の梅酒が登場していくのを、私どもは幾度も見届けることができました。昨秋、京都・北野天満宮を皮切りに再開された「梅酒まつり」において、それら努力の結晶である梅酒が、多くの方に歓迎の声で迎えられたのは、その積み重ねが厚く、深い想いをもってなされたことの証明と感じております。
本年、弊会では水戸・博多・上野と、初開催を含めた三会場で「梅酒まつり」を執り行い、コロナ禍以前を上回る来場数と、待ちに待ったという梅酒ファンの熱のこもったお声をいただくことで、改めて、梅酒が非常に愛されている日本の文化なのだと実感いたしました。製造者様の努力と想い、梅酒を愛する方々の熱量に応えるためにも、より一層、梅酒業界が前進していく活動に全力を注いでまいります。

「全国梅酒品評会」は一昨年、昨年と続いて160品以上のご出品を賜り、各カテゴリーにおける審査員の緻密な評価にもますます多くの議論が重ねられました。梅酒が何を以て美味しいのか、優れているのかの指標を示すことは、梅酒のみを扱うこの品評会にしかできない大切な使命だと肝に銘じ、常に梅酒文化発展の未来を見つめて開催に当たってまいります。

皆様におかれましては、ぜひご出品をいただきますよう、ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 梅酒研究会

明星 智洋

<開催概要>

<目的>
・梅酒の普及と振興、梅酒の品質向上を図る。 ・マスコミへのニュース提供により露出を高め、広く一般消費者にPRすることで、販売増加を図る。 
・梅酒を日本を代表する「國酒」として政府機関から認定されるよう働きかける。

<審査対象> 
・日本で製造販売されていて、商品名やラベルに「梅酒」の文言が入っている全ての飲料 
・「全国梅酒まつり」などの梅酒イベントでの販売を許可できないものは除く 
・「全国梅酒品評会」にて過去「殿堂入り」(金賞を三度受賞)したものは除く 
・「梅ワイン」=梅実を原料にアルコール発酵させた醸造酒(ワイン)のみで造られたもの除く

<審査員>
■主 催:一般社団法人 梅酒研究会 
■事 務 局:一般社団法人 梅酒研究会

お問合せ:電話03-6228-1183
■審査委員長: 明星 智洋 (一般社団法人梅酒研究会代表理事)

<審査方法>

■エントリーされた梅酒を下記が示す8種類のカテゴリーに分類する。

※詳細はカテゴライズ定義 http://umeshu-sg.jp/category/ 参照

①ホワイトリカー梅酒

②本格焼酎梅酒

③日本酒梅酒

④ベース混合梅酒

⑤ブランデーブレンド梅酒

⑥柑橘系ブレンド梅酒

⑦ブレンド梅酒

⑧にごり梅酒

・審査はブラインド方式で行う。審査員にはメーカー名・ブランド名を伏せ、梅酒は番号のみで識別する。 
・梅酒製造に関わる審査員は、自社(それに準ずる)の梅酒が出品されてるカテゴリーの審査を行わない。
・審査員は各カテゴリー3~5名とし、それぞれチームリーダーを選出する。各自が審査用シート(別紙2) を使用してテイスティングした後、同じカテゴリーを審査する審査員同士でディスカッションを行う。
・審査員は、外観・香り・味・バランスについて評価し、ディスカッションを基にした総合的な評価をチー ムリーダーがまとめ、金銀銅賞を裁決する。

<各賞の基準>
金 賞:各カテゴリーにおいて、外観・香り・味・バランスが日本一級のレベルに達している梅酒 

銀 賞:各カテゴリーにおいて、外観・香り・味・バランスが卓越した梅酒
銅 賞:各カテゴリーにおいて、外観・香り・味・バランスが優れている梅酒 ・各チームリーダーは、金銀銅賞の梅酒の番号を記入し、封筒に入れて密封する。 ・この結果は、審査委員長に手渡され、発表まで厳重に管理される。

※過去の「全国梅酒品評会」と合わせ、金賞を三度受賞した梅酒は「殿堂入り」と認める。

<品評会一連の流れ>

①審査登録 :9月1日(金)~ 9月22日(金) メールまたはFAXにて申込受付。

②審査梅酒送付:10月7日(金)までに、茨城県の(一社)梅酒研究会事務局宛てに送付。

③審査日時:10月21日(土)東京の湯島天満宮 梅香殿にて13:00~16:00に審査実施。

④入賞発表:10月22日(日)(一社)梅酒研究会ホームページにて入賞梅酒を発表

http://umeshu-sg.jp/

⑤表彰式・金銀銅賞公式発表: 11月15日(水)京都・北野天満宮にて表彰式、金銀銅賞を発表。

審査登録

9月1日(金)~ 9月22日(金)

<申し込み方法>

審査登録期間:  9月1日(金)~ 9月22日(金)

①出品応募用紙をFAXまたはメールにてお送りください。(別紙3) 

②ご登録いただくメールアドレスに「審査登録用紙」を添付しますので、入力後メールにてご返信ください。 

③審査料案内メールをお送りしますので、9月29日(金)までにお振込みください。 

④お振込み確認をもって「審査登録完了」とさせていただきます。

<審査登録料のお振込み> 

「全国梅酒品評会2023」審査登録料は1品につき15,000円(税込み)となります。

振込先・・・ゆうちょ銀行 【店名】〇六八 普通預金 0387958 シヤ)ウメシュケンキュウカイ 
※ご注意:経理の都合上〆切りに間に合わない場合は、お振込み日をお申し込み時にご記入ください。

振込手数料は恐れ入りますが、貴社でのご負担をお願い申し上げます。

<審査梅酒送付> 
【発送日】10月6日(金)までに必ずお送りください。

送料は恐れ入りますが、貴社でのご負担をお願い申し上げます。
送付先: 〒312-0035 茨城県ひたちなか市枝川2198 (株)和飲風土内 (一社)梅酒研究会事務局 宛て

品名:「梅酒品評会出品梅酒」 TEL 029-224-4470

<審査梅酒送付量>
出品1品につき2本(容器容量500ml以上)を無償でお送りください。

※2本のうち1本は受賞時の撮影、その後のPRなどに使用させていただきます。

※500ml未満の容器での出品を希望される場合は、総量500ml以上+1本を目安にお送りください。

<審査用梅酒No.貼付用紙>
※メールでお送りさせていただく「審査No.」(別紙4)を外箱(段ボール箱)に貼り付けてお送りください。 
※2品以上出品される場合は混載可能ですが、必ず全品分の「審査No.」を外箱にお貼りください。

<入賞梅酒の発表> 
※入賞梅酒は審査翌日の10月22日(日)中に(一社)梅酒研究会ホームページにて発表・掲載いたします。 
※金銀銅賞の区別は11月15日(水)に京都・北野天満宮にて行われる表彰式まで、公表いたしません。

<表彰式と金銀銅賞発表> 
※「全国梅酒まつりin京都2023」前日に表彰式と金銀銅賞の発表を行います。

日時:2023年11月15日(水)15時30分からを予定。

場所:北野天満宮 紅梅殿 京都府京都市上京区馬喰町

※「全国梅酒まつりin京都2023」終了後、(一社)梅酒研究会ホームページにて金銀銅賞の結果を掲載いたします。

※金銀銅賞の結果は4大新聞、業界紙、TV、雑誌など報道各社(約300媒体)に対しリリースいたします。

※金賞受賞梅酒は次回品評会が行われるまでの間、各地で開催される「梅酒まつり」にて「梅酒ドリンク」「梅酒
に合う料理とのマリアージュ」などのコンテンツに使用するほか、弊会おすすめの梅酒として広くPRしてまいります。

https://umeshu-matsuri.jp/kyoto/

全国梅酒品評会入賞特典>

・入賞メダルと賞状の授与

審査日の後に行われる表彰式において、入賞メダルと賞状が授与されます。また、 メダルロゴが配布され、商品資料や販促物に使用することができます。